多汗症治療で汗の心配がなくなる - 多汗症治療は、簡単な施行になります

多汗症治療で汗の心配がなくなる

多汗症は緊張した時などストレスを感じた時に大量に汗をかく病気です。根本的に治すには心を治療する必要がありますが、対処療法として汗が出なくなるようにすることができます。



多汗症治療として最も良く行われているのがボトックス注射です。

ボトックス注射は脳からの発汗指令を遮断する力があるため、緊張することがあっても汗が出なくなります。

脇の下や手の平、額や足の裏など汗をかく部分に注射を打っておけば、汗の心配をすることなく過ごせるようになります。

頭皮にも打つことができ、1度注射を打つと効果は半年程度続きます。

多汗症治療のためのボトックス注射は、一定の要件を満たせば保険適用されるため費用も安くてすみます。



また脇下から出る汗が特にひどい場合には、ミラドライや汗腺摘出をする治療を受けることもできます。


ミラドライはマイクロウェーブ波で脇の下の汗腺を破壊する治療方法で、汗腺が破壊されるので1度治療を受けると汗の心配がなくなる上、手術の必要がないので人気があります。
汗腺摘出は脇の下を切開して汗腺を吸い出したりメスを使って除去する方法です。


ミラドライと同じように効果がずっと続きますが、ミラドライも汗腺摘出も脇の下のみの治療方法となります。
薬による多汗症治療もあります。

ボトックス注射と同じように神経伝達を阻害して発汗指令が届かなくする薬で、服用すると3〜4時間程度汗の分泌を抑えることができます。汗を抑えたい時に飲んでおくと便利です。